「AKB総選挙」速報や号外 メディアも一緒に大騒ぎ

印刷

   6月9日(2011年)18時から、人気グループ「AKB48」の新曲を歌うメンバーをファン投票で決める「第3回AKB48選抜総選挙」の開票が行われた。投票数は上位40位だけでも100万票超。注目が集まっていた開票結果を一部メディアでは「異例」の体制で伝えた。

   日本テレビでは、「なるほど!ハイスクール(19時~)」内で途中結果を速報として随時発表し、「ぐるぐるナインティナイン(19時56分~)」放送終了直後には、30秒程度の速報ニュースまで流した。朝日新聞でも公式ツイッター(@asahi_tokyo)で結果を逐一伝え、有料電子新聞「朝日新聞デジタル」には写真特集と動画のコンテンツを用意。日刊スポーツは「前田雪辱」と大見出しで「開票号外」を配布した。なお、翌日10日には各メディアが結果を報じている。

   大手メディアをも巻き込んだ日本の「大事件」。本物の「総選挙」さながらに扱われている状況には、インターネット上でも賛否両論の声が上がっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中