初音ミク人気海外でも赤丸急上昇 LAでの初海外コンサート即完売

印刷

   バーチャルアイドル「初音ミク」が海外で初めてのコンサートを開くことになり、2011年6月13日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者発表が行われた。国外でも初音ミクの認知度は急速に上がっており、3500席用意した席は2週間で完売、追加販売を計画している。

   コンサートは、2011年7月に米ロサンゼルスで開催されるアニメイベント「Anime Expo(アニメエキスポ)2011」の中で、「MIKUNOPOLIS(ミクノポリス)2011」と題して7月2日に行われるもの。

「日本語で初音ミクの曲が歌え、半分は歌詞の意味知っている」

報道陣に披露されたデモ画像。「2010年のコンサートよりも画像がきれいになった」との声もあがっていた
報道陣に披露されたデモ画像。「2010年のコンサートよりも画像がきれいになった」との声もあがっていた

   コンサートは、2010年に東京で行われたものをベースに、初音ミク3D映像の生演奏をバックに、オリジナル曲を熱唱。あわせて、「踊ってみた」と呼ばれるダンスコンテストも予定されている。

   初音ミクは英語版のソフト開発も進んでおり、米トヨタの新型カローラのイメージキャラクターに起用されるなど、国外でも急速な広がりを見せている。

   実行委員会を構成するアスキー・メディアワークスの福岡俊弘さんは、海外のアニメイベントを数多く視察。記者会見では、

「この1~2年、(初音ミクなどの)ボーカロイドのコスプレイヤーが多く見受けられるようになった。彼らに話しかけてみると、驚いたことに、ほとんどの人が、日本語で初音ミクの曲が歌える。しかも、その半分は、歌詞の意味まで知っている」

と、国外での人気ぶりを紹介した。

300人収容の会場に600人が殺到

会見に臨んだクリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長(左)と福岡俊弘・週刊アスキー総編集長(右)
会見に臨んだクリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長(左)と福岡俊弘・週刊アスキー総編集長(右)

   例えば、10年10月にニューヨークで行われたイベントでコンサートの様子を上映したところ、300人収容の会場に600人が殺到。急きょ、上映回数を2回に増やしたほどの人気ぶりだったという

   今回のコンサートでは、1階席の3500席を売り出したところ2週間で完売。2階席の900席を追加で販売する方向で検討中だ。

   開発会社のクリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長によると、初音ミクは北米よりも、台湾をはじめとする東アジアで人気が高いといい、

「米国以外からも、初音ミクに対して『来て下さい』というオファーが世界中から来ている。現状では明確な予定はないが、世界中のファンを大切にして、ムーブメントをつくっていきたい」

と、今後のアジア公演にも意欲を見せていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中