長谷川洋三の産業ウォッチ
東芝会長の原発リスク論:「見極めるには少なくても10年以上必要だ」

印刷
「原子力発電が本当にリスクの大きいエネルギーなのかどうかを見極めるには少なくても10年以上の長いスパンが必要だ」

   東芝の西田厚聰会長(経団連副会長)は2011年7月27日、メデイアとの懇談会でこう強調した。「米WHを買収する時にも原子炉ビジネスは長期的な視点が必要なことをさんざん考えて決断した。あるときには不安に思う人が多くなり、あるときには必要性を感じる人がでてくるときもある」

技術革新が進んでいることを指摘

   西田会長がそれでも原子炉ビジネスにカジを切った理由は技術革新への期待。「福島原発も最初はGE(ゼネラルエレクトリック)のコピーだったが、改良を重ねた。WH(ウェスチングハウス)の原子炉も安全性では格段に進歩している」と指摘する。

   もっとも福島原発の被災を機に原子炉ビジネスは足元では大揺れ。菅首相が原発の輸出戦略の見直しに言及したことで、トルコ政府が日本が受注を目指しているトルコの原子力発電所建設の優先交渉権を見直す可能性が出ている。日本政府が後押ししてきた原発輸出戦略を見直す可能性が出てきたことで逆に韓国などの競争国は活気づいている。長期の話とはいえ、短期の対応も大変だ。

長谷川洋三

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中