水道代、なんと17億円 個人宅に法外な請求書が来た

印刷

   自宅の水道・下水道代について、あるブロガーが、検針で17億円余もの高額料金になったと請求書の写真を公開して、話題になっている。

   水道代などの高額請求は、ブログ「にじゅうがとったもの」で、2011年8月4日に紹介された。居住地などは不明だ。

「ダム1つ分を1ヵ月で使ったのか」

高額請求にびっくり
高額請求にびっくり

   そこに貼り付けられた請求書写真を見ると、この日の検針結果で、2か月分の水道使用量がなんと5555万5470立方メートルになっている。下水道使用量も同量だ。

   前回の指針が85立方メートルだったのに、今回は5555万5555立方メートル。つまり、この差がそうなったわけだ。

   そして、水道・下水道料金は、17億3660万7441円になった。ただ、なぜか水道代は、マイナス17億557万6954円、下水道代は、マイナス8億5278万2901円の表示になっている。

   このブログは、ネット上で話題になり、情報サイトが取り上げた。また、ブログのコメント欄には、書き込みも多数寄せられている。「ダム1つ分を1ヵ月で使ったのか」「自前の水力発電所もってんだろ?」「請求先は福島第一原発かと思った」などなどだ。

パソコン入力で誤って数字を押した?

   ところが、この日のうちに、別の請求書の写真がブログで公開された。

   そこでは、水道・下水道使用量とも、19立方メートルの検針結果になっている。今回の指針は、104立方メートルとなっていた。そして、水道・下水道料金は、それぞれ3895円、2310円で、総額は6205円だった。

   その請求書は、こんな手紙とともに、ブロガーの玄関に置いてあったというのだ。

「御迷惑お掛けして真に申訳ございません。以後十分に気をつけて参りますので、何卒お許しください」

   どうやら、その日のうちにミス入力に気づいて修正したようだ。

   ある市の水道局に取材したところ、水道・下水道代は、一般家庭なら2か月で平均2万円ほどなので、17億円なら10万世帯分近くに相当することになる。水道局では、こんな請求額になったケースは聞いたことがないという。「指針の数字をパソコンで入力するときに、誤って5の数字を指で押し続けてしまうなどしたのかもしれませんね」

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中