東映太秦映画村リニューアル アニメ館など3施設

印刷

   「東映太秦映画村」(京都市)を運営する東映は、アニメなどのアトラクション3施設を新たに整備するリニューアル計画を2011年8月9日に発表した。9月15日に改装オープンする。

   映画村に隣接する東映京都撮影所の敷地を活用して、面積を3割拡大。費用30億円をかけて、アニメミュージアム・からくり忍者屋敷・浮世絵美術館を新設し、現在の入場者数から30万人増の年間100万人を目指す。

   なお、12年3月にはお化け屋敷の新築移転も予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中