「ヨーヨー」世界大会で日本勢活躍 6部門中4部門で優勝

印刷

   米フロリダ州で2011年8月4日から7日にかけ開催された、ヨーヨーの世界大会「ワールド・ヨーヨー・コンテスト」で、日本人選手が6部門中4部門を制した。

   1992年から毎年開かれていて、ヨーヨーを操るテクニックの正確さやパフォーマンスの芸術性を競う。アメリカ、ヨーロッパ各国、中国などおよそ20か国から150人ほどが参加。日本勢はダブルハンドルーピング部門で8度目の優勝を果たした斎藤慎司さんを始め、オフストリング部門で岡田直人さん、カウンターウェイト部門で松浦豪さん、アーティスティックパフォーマンス部門で長谷川貴彦さんがそれぞれ優勝した。

   日本勢はこの10年ほど、世界大会の上位をほぼ独占している。2000年にエクストリーム部門で優勝した、日本ヨーヨー連盟代表理事の三居弘典さんは、「国内のヨーヨー競技人口は300~500人。取り組みの真剣さ、また選手同士の交流で、お互いを高め合っていることが活躍の要因です」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中