野田首相が官邸初会見 原発再稼働に「前向き」

印刷

   野田佳彦首相は2011年9月2日夕方、首相として初めての記者会見に臨んだ。冒頭、東日本大震災からの復興と、福島第1原発事故の収束を最重要課題として強調。定期検査で停止中の原発については、ストレステストの実施と地元自治体の理解を前提に、再稼働を進めたい考えを表明した。

   また、首相就任会見で恒例となっている新内閣のキャッチフレーズについては、「あえて言わない。国民に名付けてほしい」と、控えめな姿勢を示した。

老朽化した原発は廃炉

官邸での初会見に臨む野田佳彦首相
官邸での初会見に臨む野田佳彦首相

   原発については、原発の新規建設については「現実的には困難」とした上で、老朽化した原発については、

「寿命に来たものを更新することはない。廃炉にしたい」

と表明。菅政権の脱原発路線を踏襲した。ただし、定期検査中の原発については、

「今年の夏は何とか乗り切れそうだが、来年については心配なところがある。再稼働できるものについては、しっかりチェックをした上で、地元の理解など再稼働に向けた整備をやっていくことが当面は必要」

と、前政権よりも積極的な姿勢を示した。

内閣ネーミングは「あえて言いません」

   また、新内閣恒例のキャッチフレーズや「~内閣」といったネーミングについては、

「あえて言いません。自分も選挙をやっていると、勝手なスローガンやるんです。でも、浸透するとは思えません。歴代の内閣も色々なキャッチフレーズを作りました。そのままそうだったかというと、決してそうではないですよね。あえて、そういうことは言いません。まして、ドジョウだナマズだっていう話はちょっとね…」

と苦笑。その上で、

「それは、我々が黙々と仕事する中で、政治を前進させる中で、国民の皆さんがどう評価するか。そこから出てくるものが本物だと思うので、国民のみなさまにいずれ名付けていただきたい」

と述べた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中