日本新薬、女性社員の「ツイッター」騒動で謝罪

印刷

   日本新薬は2011年9月5日、女性社員が睡眠誘導剤ハルシオン後発品を「不正に入手し飲み会の時にお酒に入れた」と「ツイッター」に書き込みネット上で物議を醸した件について調査結果を発表して謝罪した。

   書き込みは11年8月29日のもので、

「でもうちの社員、仲良い薬局からハルシオンの後発まとめ買いして飲み会の時に酒に入れたりしてるしな。危険すぎ」「飲み会(泊まり)での悪戯です(笑)てか一歩間違えたらスーフリ並みの犯罪なのに・・・さすがに女子には飲ませてませんでしたが、飲まされてた上司は超しんでましたよ」

とあった。

   日本新薬の説明によると、女性社員本人が直接目撃・体験したものを書き込んだものではなく、09年5月に社員有志の私的な宿泊イベントの帰りの車中で、同乗した社員が話していた前夜の宴席の出来事を聞いたものだった。調べたところ、この宴席で、ある男性社員が2人の男性社員の酒の中に、薬品を1錠ずつ入れたのは事実だった。

   使われた薬品は不正に入手されたものではなく、男性社員自身が治療の為に医療機関から処方されたものだったと説明。薬品を飲まされた男性社員の1人は間もなく就寝、もう一人は引き続き飲酒してから就寝したが、2人とも翌朝は通常通り起床した、としている。

   その上で、「薬品を取り扱う製薬企業の社員が不適切かつ不謹慎な行為をしたことには間違いがなく、問題となった社員については適正なる処分をするとともに、このような事態が二度と起さないよう社員へのコンプライアンス教育と意識改革の更なる徹底を図っていく」と謝罪した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中