ウッドフォード元社長「復帰」署名にアクセス殺到

印刷

   光学機器メーカーのオリンパスの「損失隠し」の問題で前社長兼会長の菊川剛氏らに解任されたマイケル・ウッドフォード元社長の復帰を求める声が高まり、署名を求めるサイトへのアクセスが殺到している。

   12日までに110人が署名したが、その後アクセスが殺到して新規の署名を集計できなくなっている。元社員や株主らからのアクセスが多いとみられる。

   署名運動は、1995年から2006年までオリンパスの取締役だった宮田耕治氏が11日に専用サイトを立ち上げて始めた。「オリンパス再生にはウッドフォード氏に再び経営を指南してもらうことが必要」としている。

   一方、ウッドフォード氏はかねて「株主が望むなら」と社長復帰に意欲を示しているが、オリンパスの高山修一社長は8日の記者会見で「(社長を解任した)ウッドフォード氏の処遇に変更の予定はない」と述べている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中