季節性インフルエンザ「軽視」は禁物 手遅れになれば死に至る心配もある病気

印刷

   インフルエンザの季節がやって来た。健康日本21推進フォーラムが実施した過去1年間にインフルエンザにかかった子どもをもつ母親1000人を対象とした調査によると、9割以上が「この冬も流行する」と考え、関心の高さを示している。

   ところが、ここ数年、新型インフルエンザが流行する一方で、季節性インフルエンザを軽視する傾向がみられることもわかった。

新型でも季節性でも症状にまったく違いはない

インフルエンザは、早期治療が大切
インフルエンザは、早期治療が大切

   調査によると、2009年に流行した新型インフルエンザと、通常の季節性インフルエンザについての意識を比較すると、「新型インフルエンザのほうが怖いと思う」と答えた人が24.6%、「どちらともあまり怖いと思わない」が6.5%と、約3人に1人(31.1%)が季節性インフルエンザを軽視していることがわかった。

   「季節性インフルエンザのほうが怖いと思う」と答えた人は、わずかに4.3%。また、季節性を軽視する傾向は若い母親のほうが比較的高いこともわかった。

   さらには、「新型インフルエンザは、季節性よりも死者がはるかに多い」と思っている人が32.5%、また「新型と季節性は、治療内容が異なる」と思っている人が24.4%いた。間違った認識をしている人がかなりいるうえ、季節性インフルエンザの危険性に関する認識の甘さもみられた。

   季節性インフルエンザにはA型のH1N1ウイルスとH3N2ウイルス、B型ウイルスがあって、一般的にはA型にかかる人が多く、B型は隔年で流行する。新型インフルエンザは、ウイルスが「突然変異」したものだ。

   インフルエンザに詳しい、廣津医院の廣津伸夫院長は、季節性のなかでも「B型が厄介だ」という。B型ウイルスは「もともと薬剤が効きにくいことに加えて、免疫を獲得し難いんです」と説明。さらには、「2009年の大流行以降、ウイルスが広がる周期の予測がつかなくなってきた」こともある。

   そもそも、新型でも季節性でも症状にまったく違いはない。そこがあまり認識されていない。新型だろうと季節性だろうと、手遅れになれば死に至る病気であることを忘れてはいけないし、下手な素人判断は禁物だ。

H1N1ウイルスにはラピアクタやイナビルが効く

   一方、タミフルやリレンザに加えて、ラピアクタやイナビルなどの新しいタイプの治療薬が登場し、早期受診の段階での確実な治療で感染拡大を防げるようにもなってきた。

   廣津院長によると、インフルエンザの型によっても薬の効き目が違うことがわかってきて、「たとえば、H1N1ウイルスにはラピアクタやイナビルが効きやすい。とくに小児には呼吸器障害が伴うことが多いので、その場合にはラピアクタが有効です」と話す。

   また、「早期治療」の意識もだいぶ高まり、前出の調査ではインフルエンザと思われる症状が出てから「12時間以内に医療機関を受診する」と答えた母親は、前年度よりも約20ポイント増加した。

   廣津院長は、「早期治療が感染を抑えることは間違いありません。一昨年の流行時では、97%が48時間以内に治療を開始しています。ふだんから、周囲に感染者が出たらすぐにマスクなどでウイルスを近づけないようにすることが大切です」とアドバイスする。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中