浅田真央の著書、発売中止の真相 「母の死を売り物にしていると思われる」

印刷

   フィギュアスケートの浅田真央選手の著書が発売中止となった。販促用のポスターに書かれた言葉に浅田選手側が難色を示したのが理由だという。

   浅田選手の著書「大丈夫、きっと明日はできる」は当初2012年2月8日にポプラ社から発売予定だったが、1月12日、ポプラ社サイトで、中止が発表された。

「ママ、ほんとうにありがとう」の部分が問題

   「一部宣伝方法」に著者本人の意志とはそぐわない部分があったためだといい、浅田選手の公式サイトでも「本の宣伝、告知について、私の思いと異なるもので進められたところがあり、出版を中止させていただくことになりました」と説明していた。

   これまで明らかになっている情報をまとめると、同書は209ページのファンへの「メッセージブック」。1年以上前から出版が企画されていた。バンクーバー五輪から現在までの浅田選手の歩みが綴られていて、書店からは10万部を超える予約があったという。

   一体何が問題だったのか。浅田選手に近い関係者は「ポスターに書かれていた『ママ、ほんとうにありがとう』という言葉が原因です」と明かす。

「前向きに生活するコツ」といった話のエッセイ本

   浅田選手の母親、匡子さんは2011年12月に死去した。カナダで行われたグランプリファイナル直前のことだっただけに連日大きく報道されていた。

   関係者によると「大丈夫、きっと明日はできる」は、浅田選手の「前向きに生活するコツ」といった話をまとめたエッセイ本で、自己啓発本的な要素が強い。母親に関する部分は一部だという。

「『ママ、ありがとう』といったポスターだと、本の内容は違うのに、母親へのメッセージブックだと勘違いされてしまうし、母親の死を売り物にしていると思われてしまいます」

ということらしく、浅田選手本人の希望で中止になったという。

   ポプラ社広報によると、同書が日を改めて発売されるかどうかは「未定」。発売中止となったことで、これまで同書にかけていた販促費用などが無駄になってしまうが、浅田選手側に損害賠償を請求するということは「全く考えていません」としている。

   ポプラ社といえば、最近は2010年に第5回ポプラ社大賞を受賞した俳優・水嶋ヒロさんの小説「KAGEROU」を出版して話題になった。今回の浅田選手の件も2ちゃんねるやツイッターで話題になり、

「無難な宣伝をしていれば浅田真央の本というだけでも十分売れたのに」
「これは真央ちゃんが正しい」
「この若さで、流されないのはいい事だ」
「『KAGEROU』に続き浅田真央、ポプラ社のイメージが悪くなっていく」

といった反応が寄せられていた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中