「原則40年で原発廃炉」 法案を閣議決定

印刷

   政府は2012年1月31日、原子力発電所を「原則、運転40年」で廃炉にすることなどを盛り込んだ原子力規制関連の2法案を閣議決定した。廃炉問題では、例外規定として、「基準」を満たせば最長20年間延長できると定めている。

   廃炉問題が関係する法案は、既存の複数の規制関連法を一括改正する「原子力組織制度改革法案」。「原則40年で廃炉」だが、「基準に適合している」と認められた場合、「20年を超えない期間を限度として、1回に限り」延長認可が可能としている。環境相が判断する。

   今後定められる「基準」の中身や運用次第では、「原則40年で廃炉」が有名無実化するのでは、との懸念の声もある。

   閣議決定された関連法案では、環境省の外局として「原子力規制庁」を設けることも含まれている。4月1日の施行を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中