映画、ドラマ不振続きで自信喪失 前田敦子「いまは主役無理」

印刷

   「国民的アイドル」だというAKB48の前田敦子さん(20)に異変が起きている。これまでグループの「絶対的エース」としてAKBでの活動以外にも映画やドラマと活動の幅を広げていたが、すっかり自信を失っているようなのだ。

   前田さんは2012年1月から、ドラマ「最高の人生の終り方 エンディングプランナー」(TBS系)に出演。山下智久さん演じる主人公の妹という役どころだ。

「私より凄い方って、いくらでもいるじゃないですか」

前田さんに今度は同情の声も出ている。(写真は2011年8月撮影)
前田さんに今度は同情の声も出ている。(写真は2011年8月撮影)

   そんな中、1月31日に掲載されたスポニチの前田さんインタビュー記事が話題となっている。

   インタビュアーから、今の前田さんなら自分が主役のドラマにも出られるのに、なぜ「エンディングプランナー」に出演することにしたのか、と聞かれ「今はこういうのを凄くやりたかったですね」と回答。女優という仕事は「全く未知数」とし「何の自信も持てないので、今は主役は無理だと思います」と語っている。

   さらに、インタビュアーが「あれだけ映画やドラマで主役をやってきたのに!?」と驚くと「本当ですね…(笑い)。でも、私より凄い方って、いくらでもいるじゃないですか。そういう中で、皆さんを見て、もっと成長していきたいと思います」と話したという。今をときめく人気アイドルグループのセンターなのに、なんとも謙虚だ。

「もしドラ」「イケパラ」が相次いで大コケ

   一体なにがあったのか。前田さんのこれまでの映画・ドラマ出演歴を振り返ると、2007年に成海璃子さん主演の「あしたの私のつくり方」で映画デビュー。その後もドラマや映画に度々出演し、AKBの人気が確固たるものとなった2010年にはドラマ「Q10」(日テレ系)で主役を演じた。

   しかし2011年6月、大ヒット書籍を映画化した「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」に主演するも大コケ。秋にもドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~2011」(フジ系)で主役を演じたが、低視聴率で打ち切り説も出る始末で、「実力が伴わないのにゴリ推しした結果」などとバッシングされた。

   これなら自信を失っても無理はない。このインタビューはネットでも話題になり、

「それなりに客観視出来てていいじゃん」「大島とえらい違いで謙虚だね」
「実はこの人も繊細な人で、実力もないのに事務所やメディアの力で祭り上げられてるっていう自覚があるのかもね」
「前田ってちょっと必要以上に叩かれ過ぎじゃない?」

といった書き込みが2ちゃんねるに寄せられた。

   これまで散々前田さんを叩いていたが、少し同情してしまった人が多いようだ。「私女優よ!って傲慢になってるあっちゃんは叩かれ 打ちひしがれて自信なくしてるあっちゃんがいると大丈夫だよ元気だせよと 応援したくなるw」という書き込みもあった。

   記事によると、そもそも前田さんが女優になろうと思ったのは「消去法」。人前で歌えなかったので歌手はダメだし、スタイルもよくないので、モデルも無理だと思った。「これも無理、あれも無理って省いてって、ちょっと希望があると思ったのが女優さんでした」

   ネットでは「エンディングプランナーではいい仕事してる」と評価する声もあったが、前田さんも最近は前向きに仕事に取り組めているようで、演技について「変わりたいと思っている時ではあります」と語っていたということだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中