モー娘。AKBの「鬼」振り付け師 夏まゆみの「ASAYAN」裏話が話題に

印刷

   モーニング娘。やAKB48らを手がけた振り付け師の「夏先生」こと夏まゆみさんが、雑誌インタビューで、オーディション番組「ASAYAN」(テレビ東京)出演時の裏話を語り、ネットで話題になっている。

   夏さんは、1962年生まれ。十代のころ、イギリスに語学留学していたときにダンスと出会った。ダンサーとして活躍するとともに、振り付け師としても活動し、長野五輪では公式テーマソング「WAになっておどろう」の振り付けを手がけている。

たまたま厳しくした「10秒間」が使われる

   そんな夏さんを一躍有名にしたのが、モー娘。のプロジェクトだ。98年の結成当初から、振り付け師、ダンスコーチとして関わり、当時その様子を放送していたASAYANでは、夏さんがメンバーを厳しく叱責して泣かすというのがお約束になっていた。

   そのため、すっかり「鬼コーチ」として知られている夏さんだが、2012年2月6日発売のアイドル雑誌「TopYell 3月号」(竹書房)で、当時のことを語っている。

   レッスンは「厳しいだけでは絶対にダメ」で、遊びの要素を入れたりしながらダンスの楽しさを理解してもらえるよう心がけていたが、数十時間にもなるリハーサルの中で、たまたま夏さんが厳しい口調になった「10秒間」が使われていた。番組の意図があり、スタッフからも厳しくするよう指示されていたので、途中から割り切っていたものの、未だに「スパルタ」などと言われるのは「悲しい限り」だという。

   印象的だったのが99年に加入した後藤真希さん。中々泣かず、スタッフも困っていたところ、「泣かせないとマズいのか」と思った夏さんは、初ステージの本番直前、後藤さんの手を握り「そのままやれば大丈夫だから」と励ました。すると、感極まった後藤さんがやっと泣き出し、マネージャーがカメラを呼びに行ったという。

「ファンが怖くて電車に乗れなくなった」

   実はメンバーが泣くのは、夏さんが優しくしたときがほとんどなのだそうで、2011年夏に行われたモー娘。10期オーディションの合宿でも同様だった。しかし、テレビで流れるときは、泣いているシーンの前に叱られているシーンを繋げて、夏さんが泣かしたかのように編集されていたという。

   そういうこともあり、「正直な話、『ASAYAN』以来、怖くて電車には乗れなくなりました。ファンの人たちが、すごい罵詈雑言を浴びせてくるんですよ。2ちゃんねるとかでもバッシングの嵐ですしね」。かなり辛かったようだ。

   また、加入と卒業を繰り返し、センターも曲ごとに代わるモー娘。で活動するメンバーを当時間近で見て、「彼女たちは私にとって尊敬に値する人材です。あの過酷な環境に耐え抜いて活動を続け、今尚歌い、舞っていますから」と語っている。

   記事ではほかに、AKB立ち上げ参加時の話や、K-POPと日本のアイドルの比較などについて語られていたが、今も現在進行形で続いているモー娘。の裏話ということで、一部ネットで話題になり、「ASAYANに対していろいろあったんだなあ」「夏先生のモーニング娘。への熱い思いが伝わってくる」といった感想が寄せられていた。

   また、モー娘。には2011年、新メンバー8人が加入。鞘師里保さん(9期)、石田亜佑美さん(10期)らダンスを得意とするメンバーもおり、ファンからは「また(モー娘。と)やる機会が出てくるといいな 今のモーニングはダンスにめっちゃ力入れてるし 鞘師がどう踊るか見てみたい」といった声も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中