中島知子と占い師、幻冬舎社長にも「たかり行為」 「ミュージカルやりたい。援助して欲しい」

印刷

   家賃滞納問題などに揺れているオセロ、中島知子さんと、その同居人とされる女性占い師に関する新たな証言が出た。大手出版社、幻冬舎の社長が1年半前に2人と食事し、「援助」をお願いされたというのだ。

   2012年2月28日放送の情報番組「モーニングバード」(テレビ朝日)で、コメンテーターの雑誌「GOETHE」(幻冬舎)編集長、舘野晴彦氏が明かした。

「とても占い師とか霊感があるようには見えない」

   3~4年前、幻冬舎の見城徹社長に、中島さんから「本を作りたい」という連絡があり、インタビュー取材を行った。その後、インタビューの内容をまとめて、冒頭の第1章の部分ができあがり、本人に見せたところ、「これはもう自分じゃない」と言われてしまった。どうしようもないのでボツ企画になったという。

   その後、今から1年半前に、見城社長に再び中島さんから何事もなかったかのように、電話がかかってきた。「見城さん、ご馳走してください。友達連れて行っていいですか?」という内容で、実際に食事をしたら、そこに「自称占い師」がやってきのだそうだ。

   舘野氏が見城社長に聞いたところによると、「およそ目立たない。ちょっと太っている、ぱっとしない感じ。とても占い師とか霊感があるようには見えない」女性だったという。

食事代、カラオケ代は見城社長の支払い

   食事の場では中島さんが上手、占い師が下手に座った。見城社長は、中島さんから、「いつか二人で劇団を作ってミュージカルをやりたい。その援助をして欲しい」と言われたという。具体的に金銭などの話は出なかった。食事の後、中島さんの希望で、3人でカラオケに行き、食事代、カラオケ代、ともに見城社長が出したということだ。

   これまで、中島さんと占い師2人が、著名人にコンタクトして、度々食事をおごって貰っていたという報道が出ていたが、見城社長も同じ目に遭っていたようだ。見城社長は「たかり的な感じかな。気をつけよう」と思ったという。

   また、最初、本の企画で会ったときは、相方の松嶋尚美さんのことを褒めていたが、食事をしたときには、松嶋さんに不信を抱いた様子で、悪く言っていたという。その間に占い師に何か言われて、考えが変わったのかも知れない。

   中島さんが、不動産管理会社からマンションの滞納家賃と更新料など約650万円と立ち退きを求められている訴訟の判決は28日に言い渡される。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中