「分身」同士が下着姿でH会話 アメーバピグで「バーチャル性行為」横行

印刷

   テレビCMでもおなじみのネット上の仮想空間「アメーバピグ」が、思わぬ方向で「交流の場」として利用されていることが明らかになり、波紋が広がっている。

   仮想空間で「ピグ」と呼ばれる自分の分身(アバター)を操って楽しむサービスなのだが、別のピグとお互いに下着姿になった上で性的な言葉をぶつけ合う「バーチャル乱交」とも呼べる状態が横行している。

「PH」「ph」といった隠語も使われる

   アメーバピグは2009年1月にサービスが始まり、運営会社のサイバーエージェントの発表によると、11年1月14日時点で利用者数は600万人を突破している。仮想空間では、専用の通貨を使って自分のピグに服を着せたりできる。他のピグと会話することもできるのだが、この「会話」の内容が異様なのだ。

   自分の部屋に他のピグを呼び寄せることもできるが、ベッドの上で複数のピグが下着だけになり、身を寄せ合いながら

   「んんぁ」「くちゅくちゅ」

といった性行為を連想させる言葉を掛け合うのだ。これは、アメーバピグ内では「ピグH」と呼ばれており、いわば、「テレホンセックス」の現代版のようなものだ。

   なお、アメーバピグ内で「ピグH」と入力すると、「不適切な表現が含まれているため、送れません」と表示され、いわゆる「NGワード」に指定されていることが分かる。だが、「PH」「ph」といった隠語を使って、規制の網をくぐり抜けている利用者も少なくない。

「必要なものはズバリ、妄想力」

   ニコニコ動画を「ピグH」という単語で検索すると、現場を実況している動画が多数ヒットする。動画の女性のピグは「14歳」などと名乗っているが、実際に操作しているのは30代の男性だというケースも多い。「年齢・性別詐称」が多発している様子だ。

   非公式の指南サイトも立ち上がっている。「体験談」と称して、「現場写真」が多数アップロードされているほか、

「必要なものはズバリ、妄想力」
「ピグエッチに必要なものは『言葉』です。相手を興奮させる言葉をできるだけ多く覚え、絶妙のタイミングで使うかによって充実度が変わっていきます」

なとど「ピグH」の意義を説いている。

   なお、アメーバピグは18歳以上を対象にしたサービスで、利用規約によれば、18歳未満の人が利用する場合は、親権者の承諾を得た上で、親権者と一緒に利用することになっている。さらに、15歳未満の利用者については4月26日から規制が強化され、他のピグと会話することは事実上できなくなる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中