つんくの才能涸れてなかった? 楽曲発売2か月で「秘密の仕掛け」判明

印刷

   ハロー!プロジェクトのプロデューサー、つんく氏が楽曲の中に入れた「仕掛け」がネット上で話題だ。2つのグループの全然別の楽曲を同時再生すると1つの曲になる、という手の込んだもので、「つんくの才能は涸れていなかった」といった声が挙がっている。

   秘密の細工が仕込まれていたのは、ハロプロの姉妹グループ、Berryz工房と℃-ute(キュート)の楽曲。両グループともそれぞれ、2月中ごろに最新アルバムをリリースしていた。

多くのファンは2曲の関連性も意識していなかった

ネタばらしはもっと先の予定だった?
ネタばらしはもっと先の予定だった?

   Berryz工房のアルバム「愛のアルバム8」に収録されている「Because happiness」はシンセサウンドを強調した、ユーロビート系の明るいナンバーだ。テンポもかなり速く、夏焼雅さん(19)らメンバーも元気に歌っている。

   一方、℃-uteのアルバム「第七章 美しくってごめんね」収録の「幸せの途中」は、ピアノ伴奏による、スロウなバラード。矢島舞美さん(20)、鈴木愛理さん(18)の伸びやかな歌声が印象的だ。

   どちらも作詞作曲つんく氏、編曲もこれまでハロプロ楽曲をたくさん手がけてきた大久保薫氏によるものだ。

   アルバム発売時に、つんく氏がオフィシャルサイトで、両曲についてそれぞれ「実はこの曲にはトリックが仕掛けてあるんです」「この曲には実は隠された秘密があるんです」というコメントを寄せていたが、2か月経っても謎のまま。テンポも違うし、全く別の曲調なので、多くのファンは2曲の関連性も意識していなかった。

   しかし、4月15日、2ちゃんねるに「つんくが言ってたベリキュー(Berryz工房と℃-uteのこと)のアルバム曲に隠されていたちょっとした仕掛けが判明したよ」というスレッドが登場。2曲を同時再生して一緒にした音源がYouTubeにアップされた。

音楽だけでなく歌詞も一つの世界作る

   イントロでは、「Because~」のシンセ音の上に「幸せ~」のピアノ音がきれいに乗っかり、しっかりと調和している。テンポは、「Because~」の2拍が「幸せ~」の1拍に対応しているようだ。

   歌が始まっても、交互に「たまに不安だよ」(℃-ute)、「チラリとあの子見たでしょ」(Berryz)、「だからキスをして」(℃-ute)、「落ち込んじゃうよ」(Berryz)、と呼応して、一つの世界を作っている。両グループ歌詞が同じところではハーモニーを聴かせる。

   複数の曲を同時再生すると1つの曲になる、という手法は国内外で過去に前例があるが、アイドルの楽曲では極めて希だ。作り手側が「仕掛け」を明らかにせず、時間が経ってからファンが気付く、というのも珍しい。

「サビの部分が恐ろしくハマりすぎで鳥肌モノ」

   ネットでも結構話題になり、2ちゃんねるやYoutubeなどに多くのコメントが寄せられた。「サビの部分が恐ろしくハマりすぎで鳥肌モノ」と驚愕するものが多いようだ。「つんくの遊びのレベル高すぎてやべえw」「つんくの才能は涸れてないね」といったもののほか、最近流行のAKBと比較して「秋元康が学校長なら、つんくは音楽専攻の教務主任みたいな感じ」という見方もあった。

   ツイッターでは、つんく氏が4月15日に「わ!もうばれてもうた…」とコメント。ネタばらしはもうしばらく先の予定だったようだ。

   なぜBerryz工房と℃-uteでこのようなことが企画されたのか。ネットでは、2012年が、両グループの母体になったハロー!プロジェクト・キッズ誕生10周年だから、という見方が有力だ。つんく氏による、メンバーへの愛情表現なのだろうか。

   両グループとも現在別々に春のツアーを行っていて、コンサートではそれぞれ別に今回の2曲を歌っている。夏のハロー!プロジェクト・コンサートで一緒にステージに立つ予定なので、そのときに2曲合体バージョンが聴けるかも知れない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中