米IT大手に明暗 アップル・グーグル増収増益、アマゾンは減益

印刷

   米IT大手の2012年1~3月期の決算がこのほど出そろい、iPad(アイパッド)の新機種を投入したアップルは好調だったが、マイクロソフトは開発費がかさみ減益となるなど、明暗が分かれた。

   アップルの純利益は前年同期比94%増の116億ドル(約9250億円)で、1~3月期としては過去最高を記録。検索大手のグーグルも検索連動型の広告が好調で、売上高、純利益ともに四半期ベースでは過去最高となった。一方、マイクロソフトは業務用ソフト「オフィス」の売り上げは堅調だったものの、次世代基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」の開発費が利益を圧迫。純利益は2%減の51億ドル(約4070億円)だった。アマゾンは、タブレット型端末「キンドル」が好調で売上高が33%増の131億ドル(1兆450億円)だったが、やはり開発費がかさみ純利益は35%減の1億ドル(80億円)だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中