10月に5連休シルバーウイーク 民主党がまたぞろ「議論復活」

印刷

   現行の3祝日分の休みを10月に集中させ、土日を含め5連休の「シルバーウイーク」にできないか――かつて民主党のプロジェクト・チーム(PT)が打ち出し、その後の東日本大震災で議論が延期された形の「秋の大型連休」に再び注目が集まっている。

   観光面や経済成長にプラスになると、経済同友会が前向きな姿勢を示す一方、サプライチェーン(部品供給網)などに支障が出ると慎重な企業も少なくない。ネット上では「賛成するのは、いつでも休める公務員ぐらいだろ」などと反対論が目立っているようだ。

ヤフー調査で「反対69%」

10月に5連休、シルバーウイークは誕生するか。
10月に5連休、シルバーウイークは誕生するか。

   2012年4月、民主党の休暇のあり方を検討するPTが初会合を開いた。11年2月に「秋の5連休創設」と「全国3ブロックで(秋の連休)分散取得」の構想をまとめたPTとは別のPTだ。11年PTがまとめた構想はその後、3月の東日本大震災発生もあり、店ざらしにされた形だった。

   朝日新聞は12年5月12日付朝刊で、通称シルバーウイーク(秋の大型連休)の導入を民主党が検討しており、「2014年からの実施をめざす」と報じた。全国一律の5連休ではなく、例として2分割(前半組の1週間後に後半組が取得)する構想もあるとしている。

   秋の5連休は、たとえば7月第3月曜の「海の日」など3日の祝日を、記念日として残しつつ休日ではない形にし、その分の3日間の休日を10月の連休用に使い、土日と合わせ5連休にする案がある。法律で祝日は年間計15日と決まっているため、祝日は増やさずに対応する構想だ。

   春の大型連休が「ゴールデンウイーク」と呼ばれるのに合わせ、秋の大型連休を「シルバーウイーク」と呼ぼうというわけだ。

   PT事務局に確認すると、「まだ有給休暇の取得現状などの議論を始めた段階で、何も決まっていない。(2011年の)別PTがまとめた構想を受けて議論するわけではない」と説明した。白紙からの議論だというわけだ。

   朝日報道を受け、ヤフーは意識調査サイトで5月12日から、「10月に5連休導入構想、賛成?反対?」とネットアンケートを始めた。分散取得については触れていない。14日夕現在、2万7000件超の参加で、「反対69%、賛成26%」となっている。

「素晴らしい案ですね!」の声も

   アンケート下のコメント欄をみると、「素晴らしい案ですね!」といった賛成の声もあるが、最初の数ページ分を読む範囲では、目立つのは反対論だ。

   各人が今よりも有給休暇を取りやすくなる状況をつくるべきだといった主張や、「(賛成しているのは)多分、いつでも休める公務員だろう」と大型連休になっても自分たちはなかなか休めない、といった声も多い。

   ツイッターでも「5連休」「シルバーウイーク」で検索した範囲では、「余計なことするな」などと反対・慎重意見が目立った。「祝日には意義がある」などと理由を説明している。

   「秋の大型連休創設」に加え、「全国をブロックに分け分割取得」を問題にし出すと、さらに様々な議論が噴出しそうだ。

   2010年に観光庁が公表したネット調査結果でも、「秋の大型連休創設」と「春の大型連休の分散化」についてきいた質問(回答約2300件)に対し、「いずれも(自分にとって)効果がないと思う」が最も多く、64%を占めた。

   経済界では、2012年5月9日、経済同友会が「観光立国」に向けた提言を発表し、「休日の分散化の議論再開」などを盛り込んだ。同友会によると、「秋の大型連休創設」や「2もしくは3地域での(当面は秋連休の)分散取得」について、前向きに議論するべきだと考えているという。

   一方、経団連は、「議論が必要」「労使の話し合いが軸」として、どちらかと言えば慎重な姿勢を示している。関係企業の間では、賛否が分かれている状態だそうだ。

「10月に5連休」構想、賛成ですか?
賛成
反対
どちらとも言えない
私には関係ない
その他
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中