鬼束ちひろツイッター再開 「状況は厳しい」「でもあたしは大丈夫」

印刷

   ツイッターで大物芸能人の名前を挙げて「殺してえ」と発言したことを謝罪し、その後は沈黙していた歌手の鬼束ちひろさん(31)が、2012年6月25日にツイッターを再開した。

ハイテンションなツイートは健在

   鬼束さんは2012年6月22日にツイッターを開始。異様なハイテンションで「眼科ガンガン!!行って来るぜ、オイ!!!もう、ガンガン眼科!!!ガンガン、ガンガン眼科!!!」などと書き込み、続いて大物芸能人を名指しで「殺してえ」とツイートしたがすぐに削除された。

   ツイッターのアカウントは6月23日、承認した人にしか見られない「鍵付き」に設定変更され、事務所は過激な書き込みが行われた経緯を「本人の大人げないいたずらな書き込み」で迷惑をかけたとして謝罪。

   鬼束さんも、

「このたびは、皆様に、ご迷惑をかける発言をして本当にすみません。ご迷惑をかけた方々にお詫びしたところ、アーティストとして、若いfanの手本となるよう言葉を頂きました。今後二度としないよう、気を付けます。」

と直筆の謝罪文を掲載していた。

   2日ぶりのツイッター更新となった2012年6月25日、鬼束さんは今回の騒動について「状況は厳しい。世間体では。」としながらも、「でもあたしは大丈夫。いっぱいいっぱい大丈夫。」とファンからの心配する声に答えた。

   そして、

「あたしはちっちゃい人間だけど、こんなにたくさんのひとから、声をかけて貰ってる。なんて幸運!!イエェェェェェェェェエ!!!」「イエェェェェェエ!!!!!ほんとはうれしくてうれしくて、泣いちゃいそうだぁぁぁぁぁあ!!!」

とツイッターを始めたときのハイテンションに戻ってツイートしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中