アカエイの大群が千葉の川を遡上 川面埋め尽くす異様な光景に驚く

印刷

   千葉県いすみ市岬町の夷隅川で、100匹近くのエイが群れをなして上流に向かっていく姿が目撃され、話題になっている。

   最初は2012年7月17日朝に見られ、目撃した人が撮った写真や証言によると、茶褐色の平べったいようすから、専門家や漁業関係者らは「アカエイ」ではないか、とみている。

「初めて見た人は驚いたでしょう」

   夷隅川を遡上する「アカエイ」は、河口から約3キロ付近で発見された。川面は茶褐色の大量のエイで覆われたが、昼前には姿が見られなくなった。

   ところが、その翌18日朝も同じ場所に現れたことで、「昨日あたりから、ちょっとした騒ぎになっていますね」(夷隅川漁業協同組合)と、物珍しさにメディアも含め、見物人が押しかけてきた。

   とはいえ、地元は冷ややかだ。いすみ市農林水産課によると、「エイが夷隅川を遡上する行動は、それほど珍しいことではないです」と、落ち着いて話す。

   夷隅川漁協は、「とにかく大量ということと、時期的に少し早いことがあって、珍しがられているのではないでしょうか」とみている。例年であれば8月上旬あたりから見られる光景で、「これまで、7月にはなかった」そうだ。

「でも、初めて見た人は、海で泳いでいるエイが川で、しかも大群をなしていたことに驚いたでしょうね」(夷隅川漁協)

   「アカエイ」は、尾を含めた全長は最大2メートルに達する。左右の胸ビレは緩やかな曲線を描き、体表はほとんど滑らかで、尾は細長くしなやかな鞭のよう。背面に短い棘が並び、中ほどには10センチほどの長い棘が1~2本ある。

   触ったりしなければ人を刺すことはないが、この長い棘には毒腺があり、刺されると激痛に襲われ、アレルギー体質の人などはショック死する恐れもあるほど強力だ。

   ふだんは浅い海の砂泥底に生息し、目と噴水孔、尾だけを砂の上に出す。餌は貝類や頭足類、甲殻類、魚類など底生生物を幅広く捕食する「肉食系」という。

   東京のしながわ水族館に聞くと、「河口付近では潮の干満によって、見られることがあります」と、目にする機会は少なくないという。

「あれだけ多くのエイが川に現れることは珍しい」

   東海大学海洋生物学科の専任講師である堀江琢氏は、「アカエイである確証はない」としながらも、「(アカエイが)淡水域に入ってくることはありますし、タイなどではよくみられます。なぜかは不明ですが、餌になる貝類があったりすることは考えられます」と説明する。

   地元の漁業関係者は「夏にかけて、産卵のために遡上する」とみているが、アカエイのメスは交尾後に体内で卵を孵化させ、浅海で5~10匹の稚魚を産む。河口付近で産卵する場合もあるが、堀江氏は「(夷隅川のエイは大きさが)40センチ程度ということは、ちょっと小さいですね。アカエイのメスは尾を除いても80センチ~1メートルほどにはなりますから、産卵のために遡上したとは考えられません」とみている。

   それでも、「あれだけ多くのエイが川に現れることは珍しいといえます」と驚く。

   いすみ市岬町の太東漁港のある、夷隅東部漁業協同組合太東支店も、「通常、エイは網にかかっても(漁業価値が高くないので)漁師さんがその場で(海に)帰してしまい、水揚げされることはありません。河口に近いとはいえ、ちょっと異常な感じがします」と話す。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中