ロンドン・オリンピック開幕 日本旗手は吉田沙保里選手

印刷

   第30回オリンピック協議会は12年7月27日(現地時間)、開催国イギリス・ロンドンの五輪スタジアムで開会式をおこない、204か国・地域から約1万人6000人の選手が参加するスポーツの祭典の幕開けを飾った。

   映画監督のダニー・ボイルさんが担当したオープニング映像では、エリザベス女王が、俳優のダニエル・クレイグさんにエスコートされてヘリコプターから降下する様子が映し出された。その直後に女王が貴賓席に登場するというサプライズ演出もあった。

   日本選手団は、旗手を務めるレスリング女子55キロ級の吉田沙保里選手が先導、テニスの錦織圭選手らが笑顔で日本と英国の小旗を振り入場行進した。

   聖火の点灯後は、ミュージシャンのポール・マッカートニーさんがビートルズの「ヘイ・ジュード」の生演奏を披露、会場はコーラスの合唱につつまれ、式は締めくられた。

   ロンドン・オリンピックは、8月12日までの17日間、開催される。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中