サムスンがアップルに完敗 米連邦地裁、賠償額は830億円

印刷

   米・アップルと韓国・サムスン電子がスマートフォンに関する特許を争った裁判で、米カリフォルニア州北部連邦地裁の陪審は2012年8月24日、サムスンによるアップルの特許侵害を認め、サムスン側に10億5100万ドル(約825億円)の賠償を命じた。

   iPhone(アイフォーン)を始めとするアップル製品のデザイン・機能などに関する特許をサムスンが侵害した、とするアップル側の主張がほぼ全面的に認められた一方、サムスンが訴えていたアップルによる同社特許の侵害はすべて退けられた。

「消費者にとっての損失」とサムスン抗弁

   なお、アップルが求めていた損害賠償額は約25億ドル(約2000億円)だった。

   この評決を受けてサムスンでは、「この評決はアップルの勝利ではなく、米国の消費者の損失だ。商品選択の幅を狭めるとともに、技術革新を阻害し、また価格引き上げにもつながる」との声明を発表した。

   アップルとサムスンの特許訴訟をめぐっては、韓国・ソウル中央地裁が23日、両社にともに賠償を命じる判決を下している。このほか日本、イギリス、ドイツなどでも同様の訴訟が行われており、その行方に注目が集まる中での賠償決定だった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中