橋下大阪市長ウォッチ
安倍新総裁に「非常に期待している」

印刷

   大阪市の橋下徹市長2012年9月26日夕方の囲み取材で、安倍晋三元首相が自民党の総裁に選出されたことを受け、「非常に期待している」と歓迎の意を表明した。その上で、

「消費税の地方税化、TPP、原発政策。このあたりについて考え方が完全一致という訳ではない」

と指摘。外交については、橋下市長が竹島(韓国名・独島)の共同管理を提唱したことを念頭に、

「維新の会自身は、安倍総裁自身とほぼ同じ方向性だが、僕自身がちょっと違う方向性を向いている。そのあたりは、これからの色んな政治的な協議次第になると思う」

と、どこまで歩み寄れるか協議を進めていきたい考えだ。

次期衆院選では「しっかり戦わざるを得ない」


   また、

「非常に信頼の置ける政治家だと思っている。自民党を引っ張っていってほしい」
「安倍総裁とは教育改革とか憲法問題、公務員改革で価値観がガッチリ合うところもある」

とも述べた。

   次期衆院選については、自民党との政策の違いを明確化することを前提に、

「しっかり戦わざるを得ない」

と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中