AKBと「合コン」報道の俳優が謝罪 「プロとしての自覚をもってほしい」と怒るファンも

印刷

   AKB48メンバーと若手俳優の「深夜合コン」が、「週刊文春」2012年10月4日号で報じられた。

   「合コン」メンバーの俳優の1人がブログで謝罪したが、かなり怒っているファンもいるようだ。

「0からのスタートと思って厳しく生きて行く」

   「合コン」に参加したと報じられた若手俳優・廣瀬大介さんは12年9月27日、「皆様へ」というタイトルのブログを更新した。ブログでは、

「多くの方々に多大なるご迷惑と不快な思いを感じさせてしまい本当に本当に申し訳ありませんでした。記事に書いてあった出来事は事実ではないこともあります。否定したい部分も沢山あります。だからどうするべきなのか凄く凄く悩みました。でも 自分を信じてずっとずっと応援してきて下さった皆様と大切な仲間をどんな形であれ悲しませてしまい どんな事情があったにしても誤解が生まれるようなことを招いてしまい、結果色々な噂が生まれて世に広まり沢山の方にご迷惑をおかけしてしまいました」

と謝罪した。

   そして「もし仮に自分がこの先のお仕事を続けさせていただけることになったら」とした上で、「皆様から失ってしまった信頼を取り戻すべく今まで以上にこれからのお仕事に真摯に取り組んで行く」「皆様が本番を見に来ていただけた時にこのわだかまりが気にならないくらいのパフォーマンスを出来るように今まで以上に全力で一心不乱に稽古、自主稽古に励みたいと思います」「0からのスタートだと思って今まで以上に自分に強く厳しく生きて行きたいと思います」と決意表明した。

「プロの自覚持って」「テニミュ降りてほしい」

   記事には、9月28日11時30分時点で325件のコメントが寄せられている。

「ファンとして言えることは、これからも俳優として頑張ってほしい」
「私はこんなことで廣瀬くんのファンは辞めません 変わらずだいすきです!」

など温かい声がある一方、

「記事の内容がどれが本当でどれが嘘かは分かりませんが、プロとしての自覚をもってほしいです」
「わたしの本心は、廣瀬にテニミュ(ミュージカル『テニスの王子様』)を降りてほしい、それだけです」
「合コンしたけりゃしてください。彼女がいたってなんでもいいです。ただただ人間性の低さに呆れました」

などの厳しい意見も多く寄せられている。

   週刊文春の記事によると、「合コン」が行われたのは9月20日の23時過ぎだ。この日は「ミュージカル『テニスの王子様』青学vs立海」の東京凱旋公演初日で、この公演をもって「テニミュ」を卒業するキャストがいる大事な公演だった。廣瀬さんもこの公演に出演していた。そのため、「よりによって大事な時期に…」と、怒るファンが少なからずいるようだ。

   なお、「合コン」に参加したAKB48の佐藤亜美菜さん、近野莉菜さんと、俳優の志尊淳さんは、今のところブログなどは更新していない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中