日立、英原発会社の「ホライズン」買収を発表

印刷

   日立製作所は、英国の原子力発電事業会社「ホライズン」を6億7000万ポンド(約850億円)で買収すると、2012年10月30日に発表した。

   日立はホライズンの株主であるドイツの電力大手イーオンとRWEの2社と株式売買契約を結び、11月中にも全株式を取得。ホライズンの事業を引き継ぎ、英国で原発4~6基を新設する計画。最初の原発を2020年代前半にも稼働させる。

   東京電力・福島第一原発の事故で停滞する原発輸出を加速する狙いがある。英ホライズンはドイツの電力2社が09年に共同出資で設立したが、東電の原発事故後にドイツ政府が脱原発政策に転換したため12年3月に撤退を表明していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中