橋下大阪市長ウォッチ
「『小異を捨てて大同につく』には与することできない」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年11月5日午後の囲み取材で、自らが率いる日本維新の会と、いわゆる「石原新党」との連携について「『小異を捨てて大同につく』というフレーズには与することはできない」と述べ、連携のためには政策面での考え方を一致させることが前提になるとの考えを改めて強調した。

   橋下市長は、

「政策や理念や価値観の一致。これこそまさに政治、政党が力を持つ根源的な部分だという思いがある。ここは『小異を捨てて大同につく』というフレーズには、なかなか僕は与することができないですね」

と述べた。これは、石原慎太郎前都知事が11月4日にテレビ番組で

「あれこれ小さいことは言わずに大同団結すればいい」

と呼びかけたことに対して反論した形だ。

石原氏のやり方は「かつての政治グループと言いますか、政党のガバナンスのやり方と言いますか」…

   また、橋下市長は石原氏について

news152862_pho01.jpg
「かつての政治グループと言いますか、政党のガバナンスのやり方と言いますか、人間関係で何とか束ねていくというところなのかも分からない」

と評価。その上で、「維新の会」の存在意義について、

「政策、理念、価値観の一致。これでみんなで集団となって突破してきたので、ここは僕らのアイデンティティそのものだと思っている」

などと強調した。

   現時点で、橋下市長と石原氏との間で比較的政策面での隔たりが大きいとされるのが、エネルギー政策だ。この点については、橋下市長は

「しっかり(今後のエネルギー政策をシミュレーションした結果としての)選択肢を石原さんに説明していきたいと思う。感情的に『ゼロだ、ゼロだ』と言っても、それは責任ある行政にならない」

と、石原氏に説明を重ねた上で理解を求めていきたい考えだ。

候補者不足には公募「追加合格」で対応へ

   また、翌11月6日の囲み取材では、次期衆院選向けの候補者公募の1次合格者が応募者845人中165人、2次の応募者が161人にとどまっており、全300小選挙区への擁立が困難だと見られていることについて、

「(合格者以外の)その他の人がすべて不合格という訳ではない。相当な候補者予備軍の数になっていると思う」
「足りなければ第1次公募の中から選んでいけばいい」

と、応募者の中から追加合格させて対応する考えを示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中