しつこいラブレター、41歳男をストーカー容疑で逮捕 「当然だ」「これで逮捕は早すぎる」

印刷

   交際を求める手紙をしつこく手渡そうとしたとして、41歳の無職男が2012年11月24日、ストーカー規制法違反(つきまとい)で逮捕された。

   中年男が若い女性に恋心を募らせ、断られてもラブレターを渡し続けた挙句の事件に、ネットユーザーは敏感に反応。「切なすぎる事件」「これだけで逮捕なのか」と擁護する声の一方、「女性のことを考えれば警察はグッド・ジョブ」「実名報道はかわいそう」など多くのコメントが相次いだ。

手紙は計5通 「交際の反復要求」はストーカー行為

 

   毎日新聞電子版によると、千葉県市川市在住の男は12年10月中旬、自宅近くのコンビニを数回訪れて20代のアルバイト女性店員に「一緒に遊んでほしい」などと交際を求める手紙を2回手渡した。

   この後も店に出向いて再び手紙を渡そうとしたが、女性に受け取りを拒まれた。そこで新たに別の店員に2回、女性宛の手紙を託すなどしたため女性は市川署に相談。男はストーカー規正法違反で逮捕された。

   桶川ストーカー殺人事件をきっかけに、2000年から施行されたストーカー規制法は、ストーカーについて「『つきまとい』行為を反復して行うこと」と定義づけしている。そして8種類の「つきまとい」には、「面会、交際など義務のないことを行うことを要求すること」が含まれ、男はこの行為を反復して行ったことが逮捕の決め手となった。

「こいつは未来のオレだ」「これは純愛なんだよ」――。

   この事件をめぐっては、男への同情を禁じえない利用者からネットの掲示板にこんな声が寄せられている。

「男が20歳前後の若者だったら、微笑ましいピュアな話なんだよ。41歳という年齢が...」

   という切ない指摘もあった。

   これに対し、長崎県西海市や神奈川県逗子市でいたましいストーカー殺人事件が起きていることから、多数を占めたのは

「これは逮捕されても仕方ナシ」「注意ぐらいでいいと思うけど、刃傷沙汰になったら困るし警察も判断が難しそうだ」「女性の立場からすれば警察の判断は当然。グッド・ジョブ」

   といった意見だった。

ラブレター、何回で捕まるの?

 

   「ラブレターを何回渡そうとしたら捕まるのか」「たった5回で捕まえるのか」といった質問も掲示板に上がった。

   市川署はJ-CASTニュースの取材に対し、「今回の逮捕は、女性店員にはっきり受け取りを拒まれたにもかかわらず、その後も交際要求の手紙を2回渡そうとしたため」と説明する。つまり、ラブレターの回数ではなく、相手に断られた場合、キッパリあきらめさえすれば逮捕されることはない、ということだ。

   ただ、燃え上がった恋情を鎮めるのは困難だったようで、逮捕された男は「気持ちを抑えられなかった」と供述しているという。

   警察庁によると、つきまといなどの相談や被害届による認知件数は12年1月~8月で1万3456件を数え、前年同期比3684件増となっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中