野田首相陣営、街頭でビデオ映像流す 公選法違反の可能性も

印刷

    野田首相(千葉4区)の陣営が総選挙公示日の2012年12月4日午前、習志野市のJR津田沼駅前で出陣式を開いた際、首相は福島での遊説で不在のため、首相のメッセージを撮影したビデオを流していたことが分かった。読売新聞が12月9日付朝刊で報じた。

総務省「公選法抵触の恐れ」

   同紙によると、首相のビデオメッセージは「残念ながら地元に戻ることはできませんが、私がいない間もライバルに負けないようお支えをいただきますようお願い申し上げます」といった内容だった。 公選法では「選挙運動のために(中略)スライドその他の方法による映写等の類を掲示する行為は禁止行為に該当する」としており、総務省選挙課の解釈では「一般的に、選挙運動でビデオメッセージを使うことは公選法に抵触する恐れがある」という。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中