被災した子供たちの夢に資金援助「SENDAI青い鳥プロジェクト」【宮城発】

印刷
news_p157683_1.jpg

平成の仙台四郎です。

昨日(12月8日)、SENDAI青い鳥プロジェクトによる被災した子供たちへの夢の応援資金の贈呈式が行われました。

SMILE AGAIN!みんなのこころを東日本大震災により被災した子供たちの支援に。

SENDAI青い鳥プロジェクトとは、東日本大震災により被災した子供たちの夢を応援することを目的にスタートしたプロジェクトで、チャリティーイベントや子供たちへの支援活動などを中心に行ってきました。


news_p157683_2.jpg

そして今回、2回目となる贈呈式が行われました。

昨年は震災孤児の子供たちを中心とした支援でしたが、今年は、被災した子供たち(被災三県の中3、高3の生徒)全員を対象にそれぞれの夢や目標などを作文に綴ったものを募集しました。

「東日本大震災による経済的困窮で進学や就職の夢を諦めざるを得なかった」そんな生徒たちの「夢を叶えよう、応援しよう」と集まった支援金は7,129,110円。

その中から今回選ばれた6名の生徒たちに夢の応援資金として100万円ずつが送られました。


生徒たちの中には、生活のため、家族のために、看護師になる夢を諦め、看護師よりも早く社会に出ることができ、学費も免除になる美容師になる進路を選んだ生徒もいました。

野球部の主将を務めていた少年は、震災により野球を続けることができなくなってしまいましたが、東京六大学の某大学への進学が決まり、そこで野球を続け、4年後にはプロの世界に入れるように頑張りたいと力強い夢を語ってくれました。


news_p157683_3.jpg
news_p157683_4.jpg

この青い鳥プロジェクトの活動は日本全国のみならず、フランス、ドイツ、アメリカにまで支援の輪が広がっているんです。

この活動は今後も続いていくそうで、未来ある若い子供たちの夢を応援し続けていきます。 SMILE AGAIN!みんなのこころを東日本大震災により被災した子供たちの支援に。

news_p157683_5.jpg

■SENDAI青い鳥プロジェクト

http://www.sendaiaoitori.com



仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー
「とうほく復興カレンダー」

"とうほく復興カレンダー"は、日本そして海外に東北のすばらしさを発信していくサイトです。東北の復興物語をカレンダーに書き加え、前を向いて進む人たち、東北の「これから」を応援します。
■とうほく復興カレンダー http://re-tohoku.jp/
■仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー http://www.ari-tv.jp/

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中