安倍総裁の脇にわが候補、自民HPはネット新技術で地元候補者を自動選択表示

印刷
自民党ホームページ
自民党ホームページ

   第46回総選挙は2012年12月16日に投票が締切られたが、選挙運動期間中の自民党ホームページは、アクセスするとトップ画面に地元選挙区の候補者が安倍総裁の隣に表示されていた。党代表と一緒に写ったポスターは総選挙の定番だが、それに近い「選挙運動」がインターネット新技術で行われていた。

   これまでの政党のホームページは、表紙画面に党代表の写真と政策などがデザインされ、各選挙区や比例区の候補者紹介は都道府県をクリックすると次のページに表示されていた。今回も民主党は、表紙画面に野田代表の大きな写真があり、その下に「都道府県で探す」というボタンがあった。これをクリックすると、全国の候補者が表示されるが、全員は表示しきれないので、ローテーションで候補者が入れ替わっていた。

   日本維新の会も同様で、表紙画面は石原慎太郎代表の大きな顔写真、その下に選挙区別一覧、比例区代表一覧のボタンがあり、そこをクリックして候補者が出る仕組みだった。

   ネットでは、目的のページを出来るだけ早く表示させるのが重要で、この点で自民党ホームページがアクセス向上のSEO対策で一歩進んでいたことになる。

   この技術は、民間企業のWebページではよく活用されている。アクセスしてきたユーザーをIPアドレスが割当てられている地域から判別して、該当地域のコンテンツを表示する仕組みである。求人案内をアクセスした人の地域別に表示、全国展開する住宅会社はアクセス者に近い案内所を表示している。航空会社は団体旅行の商品を出発地に近い地域に分けて表示している。J-CASTニュースも候補者をアクセス者の都道府県別に表示していた。ほかに、天気予報も都道府県別に表示している。

   この技術はジェイ・キャストが保有する特許技術で、自民党は広告代理店を通じて選挙公示前に特許ライセンスを受け、密かに準備していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中