「金爆」どうなる紅白下ネタ 31日朝、本人がつぶやいたコト

印刷

   ゴールデンボンバーが、すっかり2012年紅白の「顔」となっている。

   紅白歌合戦直前の1週間、出演者たちの名前がどれだけツイッターでつぶやかれたかを調べたところ、「ゴールデンボンバー」はなんと5万4000件。愛称の「金爆」も6万7000件に達し、合計で全出演者中第4位に入った(2012年12月31日昼時点)。

神棚の前で…

30日、リハーサルに出演中のゴールデンボンバー。右端で談笑するのが樽美酒研二さん
30日、リハーサルに出演中のゴールデンボンバー。右端で談笑するのが樽美酒研二さん

   さすがに20万件を超える嵐、AKBには及ばないものの、初出場とは思えない堂々たる数字と言っていい。

   特に注目を集めているのは、メンバー・樽美酒研二さんの「下ネタ」だ。11月26日の出場決定会見での「おちんちん」発言に始まり、29日のリハーサル後にも、本番で「でっかいおちんちんをドーンと出す」と宣言、大きな話題を呼んだ。

   一方で番組チーフプロデューサーの原田秀樹さんは同日の会見で「求められていることを勘違いされてるのでは?」と頭を抱え、「ご意見番」和田アキ子さんも苦言を呈している。 一躍「時の人」となった樽美酒さんは31日朝、ブログを更新した。そこには神棚に向かって神妙に手を合わせる樽美酒さんの写真と共に、「神様、そして皆さん…僕にチカラを貸して下さい」との言葉が掲載されている。

   ゴールデンボンバーは白組2番手として、4組目に出演する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中