AKBレコ大に「これが歌謡界の現状」 音楽家・服部克久氏の発言が波紋

印刷

   「第54回輝く!日本レコード大賞」の最終選考会と授賞式が2012年12月30日に行われ、AKB48が11年に引き続き大賞を受賞、2連覇を果たした。

   制定委員長で音楽家の服部克久氏が、「これが歌謡界の現状」と発言する一幕もあった。視聴者の中には「AKBが受賞することへの皮肉か?」と見る人もいて、波紋を呼んでいる。

「意味深」「皮肉」と取る視聴者が続出

   服部氏は大賞受賞者を発表する前に、司会から総評を求められ、こう発言した。

「歌謡曲からヒップホップまで、本当に幅広い音楽を聞いていただいたと思います。これが今の日本の歌謡界の現状で、今日3時間聞いていただいてすっかりその現状が把握できたと思います。お楽しみいただけましたでしょうか」

   客席からは拍手が起こり、その後、服部氏から「AKB48」の名前が呼ばれた。

   この発言について会場では特に問題視されていなかったようだが、視聴者の中からはツイッターで「歌謡界の現状(意味深)」「皆さんこれが現在の日本の歌謡界の現状です(皮肉)」「『これが日本の現状です』レコ大意味ないって言ってるのと同義かな?」などと書き込む人が続出した。

「AKBだけ責めるのはどうなの?」

   大賞を受賞したAKB48の「真夏のSounds good !」は、累計売上枚数182万枚を数える大ヒットとなり、12年オリコン年間シングルランキングで堂々の1位となった。

   しかし「真夏~」には選抜総選挙の投票権が付いており、好きなメンバーに大量に投票しようと1人で何枚も購入した人が多かった。このため、AKB48の「売上枚数」に違和感を持っている人も多いのが現状だ。

   放送終了後も、インターネット上では

「要するに今年の受賞者は、音楽として認められない。今回の決定は服部氏は納得していないということですな。服部さん、よく言った!!」
「AKBだけを責めるのはどうなんかね?」
「AKBを抜いたとしてもレコ大にふさわしい曲なんぞなかった気が…この中だったらAKBがとってしまうという現実が今の日本の音楽業界です。と言いたかったととる」
「勘繰り過ぎで、『現状』にそう深い意味はないのでは?」

など賛否両論飛び交っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中