NYタイムズ社説、安倍首相を批判 河野談話見直し「深刻な過ち」

印刷

   米ニューヨークタイムズは2013年1月2日付の社説で、安倍晋三首相が従軍慰安婦問題でのいわゆる「河野談話」を見直す考えを示しているとしたうえで、「日韓関係を悪化させる恐れがある深刻な過ち」と非難した。

   社説では、安倍首相が産経新聞のインタビューに答えた内容を引用。慰安婦問題に謝罪した1993年の河野談話や、95年の「村山談話」について2006-07の第1次安倍政権時に「旧日本軍が直接連行した証拠が見つからなかった」と言及したと指摘。安倍首相を「極右の国家主義者」と評し、「安倍氏の恥ずべき衝動が、北朝鮮のミサイル開発のような問題に対処するための地域での連携を脅かす可能性がある」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中