ボーイング787でまた不具合 操縦席のガラスにひび

印刷

   全日空(ANA)が運航する最新鋭中型旅客機のボーイング787型機で2013年1月11日午前、操縦席の窓ガラスにひびが入るトラブルがあった。トラブルがあったのは羽田発松山行きのNH585便。9時37分に羽田を出発し、兵庫県上空を飛行中の10時45分頃、左側にある機長席の前方の窓にひびが見つかった。松山空港には11時14分に到着し、乗員9人、乗客237人にけがはなかった。修理のため、折り返しのNH590便が欠航した。

   787では、12年10月18日も日本航空(JAL)が運航するデリー発成田行きのJL740便で、飛行中に副操縦士席側前方の窓にひびが入るトラブルが起きている。この時は、出発地のデリーに引き返している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中