米誌「ドコモからiPhone 5S」「iPhone 6はシャープのIGZO採用か」

印刷

   米投資情報誌「バロンズ」電子版は2013年2月13日付の記事で、NTTドコモから米アップルの「アイフォーン(iPhone)」が今年6~7月にも発売される可能性を伝えた。

   記事では米アナリストのコメントを引用。アップルは現行モデルの「iPhone 5」の売れ行きが思わしくないことから2013年6月にも「iPhone 5S」の発売に踏み切ると予測。さらにこの機種について、日本ではドコモが発売するのではとした。さらに後継モデルの「iPhone 6」では、シャープが開発した高画質液晶「IGZO(イグゾー)」をディスプレーに採用する可能性に触れている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中