日銀総裁に黒田氏、副総裁に岩田氏、中曽氏で調整

印刷

   政府は、日本銀行の次期総裁に元財務官の黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総裁を充てる意向を固めて最終調整に入った。2013年2月25日付の日本経済新聞などが報じた。副総裁には岩田規久男学習院大教授、中曽宏日銀理事を起用する案が有力とされる。

   黒田氏は1944年生まれ。67年東大卒で大蔵省(現財務省)入省、99年財務官、2005年ADB総裁。積極的な金融緩和論者で、小泉内閣では国際金融担当の内閣官房参与を務めた。当時、官房副長官だった安倍氏とは旧知の仲という。

   副総裁が有力視される岩田氏は、大胆な金融緩和で緩やかなインフレをおこして、景気を立て直すことを主張する「リフレ派」。中曽氏は、語学も堪能で、2006年から国際決済銀行(BIS)の市場委員会で、日本人として20年ぶりの議長を務めた国際派。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中