中国の震災追悼式欠席を批判 菅官房長官「極めて遺憾」

印刷

   中国側が震災2年の追悼式を欠席したことについて、菅義偉官房長官は2013年3月12日の会見で、「極めて遺憾で残念だ」と批判した。

   11日の震災追悼式では、台湾の代表が会場で名を呼ばれる「指名献花」に参加したことに対し、中国側が反発していた。しかし、菅官房長官は、「台湾に日本政府が感謝の気持ちを伝えることを否定的にとらえた」と対応に疑問を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中