「自転車が電線に引っかかってる!」 関東、今年最強の風で大騒ぎ

印刷

   関東地方では2013年3月13日、各地で今年最大の強風が吹き荒れた。東京都心では最大風速27.4メートルを記録した。

   そんな中でネット上で話題を呼んだのは、風に飛ばされた自転車が、なんと電線にひっかかっている写真だ。東京・台東区で複数のユーザーが撮影したもので、多いものでは6000回以上もリツイートされた。テレビ東京の報道によれば、近所のマンションのベランダから強風で吹き飛ばされてきたものだという。

   この影響で、JR総武線・埼京線・武蔵野線などが一時上運転を見合わせたのを始め、現在も複数の路線に遅れが出ている。また成田空港では、地表のチリや砂が巻き上げられる「風塵(ふうじん)」と呼ばれる現象で視界が悪化、欠航が相次いでいるほか、16便が到着地を変更したという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中