スーパーハイビジョンを20年本放送開始検討 NHK

印刷

   NHKは2013年4月4日の定例会見で、2020年に超高画質の次世代放送「スーパーハイビジョン」(8K)の本放送開始を検討していることを明らかにした。NHKは16年のリオデジャネイロ五輪で実用化試験放送を予定している。

   スーパーハイビジョンの映像は、毎年5月に行われるNHK放送技術研究所(東京都世田谷区)の「技研公開」で見ることができる。12年の技研公開では、11年の紅白歌合戦で披露されたAKB48のパフォーマンスを専用カメラで収録し、放映した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中