もしかして宇宙人も? 地球に似た惑星3つ、NASAが発見

印刷

   NASA(米航空宇宙局)は2013年4月18日、地球に似た環境と見られる惑星3つを発見したと発表した。ケプラー宇宙望遠鏡により観測されたもので、それぞれ地球から約1200光年離れた「ケプラー62e」と「ケプラー62f」、そして2700光年離れた「ケプラー69c」。恒星から適度な距離にあり、地球とサイズも近いため、水が液体の状態で存在するなど、生命が誕生するための条件を満たしている可能性があるという。実際に生命が存在しているかどうかは今のところ不明だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中