「ハリー・ポッターは邪教だ!」 テロ容疑者はイスラム過激派「扇動ビデオ」を見ていた

印刷

   米ボストン爆破テロ事件を起こした容疑者兄弟は、なぜこのような凶行に走ったのか。注目を集めているのは、インターネット上で発見された2人のアカウントだ。

   特に警官との銃撃戦で死亡した兄タメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)のものと見られるYouTubeページには、イスラム過激派への傾倒をうかがわせる動画の閲覧履歴が複数残っていた。

「ハリー・ポッターは邪教だ!」

イスラム過激派動画を「お気に入り」

FBIが公開していた容疑者兄弟の写真。向かって右がタメルラン容疑者、左がジョハル容疑者
FBIが公開していた容疑者兄弟の写真。向かって右がタメルラン容疑者、左がジョハル容疑者

   黒ひげの男が荒々しく叫ぶ。そんな動画がタメルラン容疑者らしき人物のYouTubeアカウントに、「高く評価した動画」として登録されていた。オーストラリアの「伝道者」による演説を収めたもので、イスラムの中でも過激派の主張だ。

   タメルラン容疑者が動画をアップロードしていた痕跡はないが、その代わりに他のユーザーが投稿した複数の動画を自らのページ上で、広く紹介していた。その多くは、アジテーションじみた激しい口調の説法で、リストの中には「テロリストたち」と名付けられたものまで存在している。一部には、アルカイダが信奉する予言と共通する内容のものも含まれていると、米ワシントン・ポストは指摘する。

   ツァルナエフ一家はチェチェン人で、2002年以降に紛争が続く旧ソ連圏から米国に渡ってきたとされる。タメルラン容疑者も当初は米国になじもうと努力し、大学でボクシングに打ち込み、米国代表として五輪に出場する夢を持っていた。しかしケガもあって断念を余儀なくされ、市民権も得られず、その前後からイスラムに傾倒していったという。11年にはロシアからの照会で、テロ活動との関与を疑われFBIの聴取も受けた。

   YouTubeの「お気に入り」の記録からは、夢破れ米国社会で行き場を失ったタメルラン容疑者が、国外の過激派たちの活動に心を引かれていった様子がうかがえる。

弟はツイッターで事件後「皆さんお気をつけて」

   2013年4月19日逮捕された弟のジョハル容疑者(19)は兄と比べ優等生タイプで、米国社会になじんでいたと伝えられる。ツイッターのつぶやきも、兄ほどに過激思想とのつながりを感じさせるものではない。

   一方で事件直前の9日には、別のSNSに内戦中が続くシリアのイスラム教徒を支援するよう呼びかける動画を貼り付けるなど、兄に引きずられる形で思想を先鋭化させていたようだ。

   15日の事件から約数時間後にはツイッターで、以下のような意味深なツイートを行っている。

「この町の心には愛がない。皆さんお気をつけて」

   その後もFBIが容疑者写真を投稿する直前の17日までつぶやきを続け、あろうことか自らが起こした事件がらみのツイートに、「それデマだぜ」とからかうような投稿までしていた。最後のつぶやきは、「僕はストレスを感じない種類の男だ」なるものだったが、これは捜査網が狭まる中での虚勢だったのかもしれない。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中