韓国LG、大幅減益 テレビ事業低迷

印刷

   韓国電機メーカー大手のLG電子が2013年4月24日に発表した2013年1~3月期決算によると、純利益は220億ウォン(約19億8000万円)で、前年同期の2475億ウォン(約222億7500万円)から91%の大幅減となった。売上高は14兆1006億ウォン(約1兆2690億円)で、前年同期比6.8%増だが、前期比では4.7%減だった。

   米ブルームバーグなど複数のメディアは、LGの主力事業であるテレビについて、需要の低迷や価格の下落が業績の足を引っ張ったととらえている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中