歌手の田端義夫さん死去 「バタヤン」の愛称で親しまれる

印刷

   「バタヤン」の愛称で親しまれた歌手の田端義夫(本名:田畑義夫)さんが2013年4月25日11時45分、肺炎のため都内の病院で死去した。94歳だった。

   田端さんは1919年、三重・松阪市生まれで、38年に新愛知新聞社主催のアマチュア歌謡コンクールに出場し優勝した。翌39年「島の船歌」でデビューし、終戦後の46年に「かえり船」がヒット。故・岡晴夫さん、故・近江俊郎さんとともに「戦後三羽鳥」と呼ばれた。ステージに登場した際「オース!」と威勢のいい掛け声を上げるなど、そのキャラクターも愛された。

   近年も精力的に活動を続けており、97年にチンドン楽団「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」とコンサートを行ったほか、2009年には歌手生活70周年を兼ねた記念アルバムに語りおろしメッセージを収録していた。

   なお、13年5月18日から、田端さんの人生に迫った映画「オース!バタヤン」が公開される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中