歌手の田端義夫さん死去 「バタヤン」の愛称で親しまれる

印刷

   「バタヤン」の愛称で親しまれた歌手の田端義夫(本名:田畑義夫)さんが2013年4月25日11時45分、肺炎のため都内の病院で死去した。94歳だった。

   田端さんは1919年、三重・松阪市生まれで、38年に新愛知新聞社主催のアマチュア歌謡コンクールに出場し優勝した。翌39年「島の船歌」でデビューし、終戦後の46年に「かえり船」がヒット。故・岡晴夫さん、故・近江俊郎さんとともに「戦後三羽鳥」と呼ばれた。ステージに登場した際「オース!」と威勢のいい掛け声を上げるなど、そのキャラクターも愛された。

   近年も精力的に活動を続けており、97年にチンドン楽団「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」とコンサートを行ったほか、2009年には歌手生活70周年を兼ねた記念アルバムに語りおろしメッセージを収録していた。

   なお、13年5月18日から、田端さんの人生に迫った映画「オース!バタヤン」が公開される。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中