女性から「痴漢されたい」という書き込み なりすましに騙され、実行した男が逮捕

印刷

   電車内で女性に痴漢したとして、強制わいせつの疑いで、大阪・岸和田市の男性(26)が2013年5月8日までに和歌山県警和歌山東署に逮捕された。

   容疑者は、「痴漢をしたい人とされたい人が出会う掲示板」の書き込みを見て、被害者が「痴漢されたい人」だと勘違いして痴漢行為に及び、逮捕されてしまったという。

被害女性は掲示板利用なし、携帯電話も所持せず

   事件は13年4月30日朝、JR和歌山線内で起きた。

   粉河駅(紀の川市)から普通電車に乗った容疑者は、同じ駅で乗車した女性の隣に座った。ボックス席の窓側に座る女性の下半身などを執拗に触り、さらに女性の背後に立っていた別の男も胸を触った。

   女性が「やめてください」と言うと、胸を触っていた男は途中駅で降りて逃走した。容疑者はそのまま乗り続け、終点のJR和歌山駅(和歌山市)で女性が駅員に引き渡した。

   和歌山東署によると、女性は初めから抵抗していたが、2人は痴漢行為をやめなかった。女性が声を上げ、男が逃走した段階で、やっと容疑者が痴漢をやめて女性に背を向ける状態になったが、周囲の目があって逃走もできず、あえなく御用となった、ということらしい。

   容疑者は「痴漢の待ち合わせ掲示板で、女性から電車の時間と車両を指定された」と供述しているが、被害女性は掲示板を利用していないといい、当日も携帯電話を持っていなかったため、書き込みできない状態だったというのだ。

「少し嫌がる様なそぶりもしますが、気にしないでね」と利用者を煽る

   容疑者が利用したのは、近畿地方で痴漢したい人とされたい人が出会うための掲示板だ。この掲示板に13年4月23日、「ゆい」という名前をかたるユーザーが「和歌山線の粉河~海南まで痴漢してくれる人いませんか」「朝7時10分発の4両編成で、いつも前~二両目か1番後ろの車両に乗ってます」などと書き込んだ。

   その後も「30日の火曜はいつもの朝の電車乗ります。服装と何両目に乗ってるかは当日の朝掲示板で連絡します」(4月27日)、「明日、乗ります。(中略)リアル感が余計に興奮しちゃうので、少し嫌がる様なそぶりもしますが、気にしないでね」(4月29日)などと利用者を煽り、複数のユーザーから「参戦もしくは見学させてもらえますか?」「いけたらお願いしたいです。ルールマナー守ります」との反応があった。

   事件当日の30日朝7時過ぎには「今~後ろの車両に乗りました。濃いめの肌色のフレアーのスカートに紺色のブレザー、茶っぽい横しまのインナーに鞄二つ持ってます」と、人物が特定できるような書き込みをしていた。「声かけ無しでリアルに触って下さい」との書き込みもあり、容疑者はこの掲示板を見て、当事者かどうか確認もせず、女性になりすました何者かに騙されて痴漢してしまったということらしい。

   この掲示板には5月8日、管理人から「皆様ご存知のように、掲示板利用者から逮捕者が出ております。事の原因となったと考えられる利用者のIPアドレス、ホスト名、端末情報は既に控えておりますので、警察から開示を求められれば過去のログと共にすぐに提出いたします」とのメッセージが書き込まれた。

   和歌山東署では書き込みをした人物などについて、現在慎重に捜査を進めている。また、途中で逃げた男について、現場を目撃していたという人や逃げた方向を知っているという人の情報提供を呼びかけている。連絡先は073-475-0110。

   なお、書き込んだ人物が特定された場合、痴漢をする気があった人をそそのかしたということになると痴漢ほう助、する気がなかった人を強くそそのかしたということになると痴漢教唆の罪に問われる可能性があるという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中