4月のコンビニ売上高、2.6%減 11か月連続で前年下回る

印刷

   2013年4月の全国コンビニエンスストア売上高(既存店ベース)は、前年同月に比べて2.6%減の6730億円となり、11か月連続で前年実績を下回った。日本フランチャイズチェーン協会が5月20日に発表した。たばこや雑誌の販売減少が続いているほか、平均気温が低めだった地域が多く、ソフトドリンクを中心とする季節商材も伸びなかった。

   また、来店客も減少が続いている。既存店ベースの客数は1.7%減と11か月連続で減った。客単価は0.9%下落と3か月連続のマイナス。

   なお、全店ベースの売上高は2.5%増の7414億円で、2か月連続で前年実績を上回った。大手チェーンの積極出店が続いていて、店舗数は6.0%増、来店客数も3.5%増えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中