「あまりに常識なさすぎ」「実はもっと悪いことやってますよ」 矢口真里になぜ芸能界はこれほど冷たいのか

印刷

   別居&不倫騒動で騒ぎになっているタレントの矢口真里さん(30)に、一般視聴者のみならずタレント仲間からも様々な意見が上がっている。

   一部気遣いや同情の声もあるが、批判的な声が多く見られる。矢口さんに今後、芸能界での居場所が残されているのだろうか。

テリー伊藤「あれ誰に謝ってるんですかね」

芸能界での立ち位置が危うくなっている?矢口真里さん(08年4月撮影)
芸能界での立ち位置が危うくなっている?矢口真里さん(08年4月撮影)

   2013年5月26日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、番組冒頭から矢口さんの問題に話が及んだ。

   西川史子さんは「やっぱり見下されてるなと思って即離婚になるし、私は一生恨むと思います。私結構前にこの話を噂で聞いて、でもまさか、と。(矢口さんが)認めてないから実際はどうかわからないですけど、あまりにも常識がなさすぎるし、結婚ということに対する意識も低すぎるし、結婚した時にお金じゃない結婚でいいイメージだったのに全部崩れちゃったと思いますね」と、冷静ではあったがかなり怒っている様子で語っていた。

   矢口さんと共演経験も多いテリー伊藤さんも、「矢口が報道陣の前ですいませんって、あれ誰に謝ってるんですかね。ちょっとわかんないね。今回の件で矢口が今現在、何を考えてるかですよね。多分彼女ね、これヤバイなーと思って、芸能界に戻って来れるかなとか色々あると思うんですけども、自分の保身を考えている場合じゃないね。中村くん、間男に取られた哀しい男でもあり、間抜けな男にもなってしまうじゃないですか。今矢口ができることって、自分を悪いポジションにして彼をどれだけ守れるか」と諭した。

   西川さんが「悪いのは彼女ですもんね」と口を挟むと、テリーさんは「実はもっと悪いことやってますよ。わかってんだけどみんなあうんの呼吸で言わないだけで」と爆弾発言し、スタジオが騒然とする一幕もあった。

   ゲストのモデル・今井華さんは「ないと思います、マジで!私旦那さんの立場だったら、(ドアを)開けたら閉めて、出て行きますもん。そのまま離婚じゃないすか」、杉村太蔵さんも「これが本当だったらもうね、事故とか病気以外で最大限の不幸ですよこれは!」と気持ちをほとばしらせていた。

ナイナイ口々に「想像したら震えるわ」「俺すぐゲー吐く」

   13年5月24日放送のラジオ番組「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)でも矢口さんの話題が取り上げられた。ナインティナインはモーニング娘。を輩出したオーディション番組「ASAYAN」でMCを務めており、矢口さんのことも昔から知っているだけに、2人とも「これホンマかいな」「こんなことある?」と口にし、信じられないという様子だった。

   雑誌やワイドショーの情報でしか知らないが、と前置きした上で、新婚の矢部浩之さんは「(家は)一番使ったらアカン、ルール違反やろ」「俺想像したら震えるわ。家帰って嫁が…」と絶句した。岡村隆史さんも「俺すぐゲー吐くもん」「矢口お前エロガッパやったんか!」とたたみかけ、「ホンマにこの子かわいそうやなぁ、この中村っていう子」と夫の中村昌也さんの心中も思いやっていた。

   一方で矢口さんに優しい声もある。矢口さんと「クイズ!ヘキサゴン2」(フジテレビ系)などで共演していたタレントのスザンヌさんは5月25日、都内で開かれたイベントで「何もまだわからない。でも、体調不良ということなので、早く元気なやぐっちゃんに戻ってほしいな」と、「体調不良」を理由に5月24日生放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)を欠席した矢口さんを気遣った。

   5月26日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)では、矢口さんが同番組の準レギュラーということもあってか、和田アキ子さんが「本当にどうなんだろうね?これホントなのかなぁ?」と言うにとどまった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中