「初音ミク」ライダーの松下ヨシナリがレースで死亡

印刷

   英領マン島で行われているオートバイレース「マン島TTレース」で、レーサーの松下ヨシナリさん(43)が2013年5月27日にレース中のクラッシュ事故で死亡した。松下さんは09年からレースに参加し11年には電動バイク部門で5位になった。歌うバーチャルアイドル「初音ミク」とコラボし、ミクがペイントされた痛バイクに乗っていることでも知られ、ミクファンも悲しみに暮れている。

   松下さんの公式ホームページによれば、5月27日、午後18時45分(現地時間)から開始されたプラクティス(兼予選)に出場しBallacraine(バラクライン)という場所でクラッシュした。2周目に入って三分の一ほどの地点だった。松下さんは13年3月19日に東京・秋葉原でレース参戦と、レースで乗車するというミクが描かれた電動バイク「TT零13」を公開していた。ミクとコラボしたことについて松下さんは、スタッフを含め皆がミクのファンであることと、電動バイクは走行音が非常に静かなため、音楽や会話で乗り手とコミュニケーションが取れるマシンだからこそ「音(sound)」の象徴の歌姫、ミクとのコラボレーションをしたなどと語っていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中