安倍首相VS細野氏バトルまだ続く 「首相、一次情報確認してから発言を」

印刷

   欧州歴訪中の安倍晋三首相と民主党の細野豪志幹事長がFacebook上でやり合っている件で、細野氏が2013年6月17日、新たに安倍首相批判を展開した。

   細野氏は「海外におられる安倍総理からコメントを頂きました。お忙しい中でコメント頂いたことに、心より感謝申し上げます」とした上で、安倍首相の「かつて貴方はNHKで『自民党には戦争をやりたがっている人がいる』と言ってのけました。自民党、ひいては日本の政治の信用を貶めた人物です」という批判に対し「あの時、私は『自民党の中にですね、普通の国になって戦争もできるようにするんだという声はありますよね?』と世耕さんにお聞きしました。これは交戦権を自衛隊に持たせるということは、戦争ができるようになるということを前提にされていることの確認です」と説明。安倍首相の指摘は誤りだとして訂正を求めた。

   そして「僭越ながら、ひとこと忠告申し上げます」として、「以前、自民党のあるベテラン議員から、『発言するときは一次情報にあたらなければならない』とのアドバイスを頂き、なるほどと思いました。(中略)一国の総理ですから、一次情報を確認してから発言されるようお勧めいたします」と進言した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中