「バイオ銘柄」の危ない上場バブル 「期待」だけで高騰後の末路

印刷

   最近落ち込み気味な「アベノミクス相場」にあって、なお右肩上がりの値動きが続いている「バイオ銘柄」が「バブル」の様相を呈している。

   2013年6月26日には、iPS細胞事業と臓器移植などに係わる臨床検査事業を展開する「リプロセル」が大阪証券取引所ジャスダック市場に上場したが、とうとうこの日は初値が付かなかった。

「売り上げなくても上場できる」?

上昇する「バイオ銘柄」はバブルなのか?!
上昇する「バイオ銘柄」はバブルなのか?!

   バイオ銘柄は、iPS細胞を発見した京都大学の山中伸弥教授が2012年10月にノーベル賞を受賞したことをきっかけに一躍脚光を浴びた。年明けに政府が再生医療に多額の予算を計上することが明らかになるとさらに弾みがつき、株価は急上昇。最近ではアベノミクスの「成長戦略」の中核の一つに「医療」が据えられたことで活気づいており、好材料に反応して高値更新を続けている銘柄は少なくない。

   これまでのバイオ銘柄は、赤字経営が続いているわりには将来の業績予想も不透明。研究開発費ばかりがかさみ、「このままでは倒産してしまうのではないか」という厳しい状況に立たされていた。

   そのため、バイオ銘柄を投資対象として考える個人投資家はあまりいなかったが、創薬や再生医療、免疫細胞療法の技術などさまざまな医療分野を、いわば「国策」として支援していく方針が明らかになったことで、事態は一変。将来の業績に多少の不安があっても、「もしかしたら、ものすごい新薬が開発されるかもしれない」「新薬が開発されたら、企業業績は急上昇して、株価が何十倍、何百倍にまで跳ね上がるかもしれない」という期待が膨らんだわけだ。

   バイオ銘柄が「バブル」になりやすい原因は、取引所の株式の新規上場基準にもある。東証マザーズの「事前チェックリスト」には事業計画やガバナンス、監査などとともに「その他」の項目があり、そこには「創薬系バイオビジネス」の上場準備のポイントが示されている。

   ある投資ファンドの関係者は、こう説明する。

「たとえば創薬ベンチャーの場合、売り上げが立たなくても上場できます。その場合、臨床試験のフェーズIII(患者対象の臨床試験で、有効性や安全性が確認できること)の段階が終了していて、かつ製薬会社とのアライアンス(事業化の担保)があることが条件です」

   これをクリアすれば、上場審査は通過する可能性が高まる。つまり、上場する段階から「期待」だけで値がつくので、バブルが生まれやすい土壌にあるようだ。

   そんなこともあってか、「バイオベンチャーはこれまでも多くが上場していますが、成功といえるのは1、2社しかないでしょう」。

「わずかなきっかけで急落する」

   2013年6月26日、iPS細胞事業の「リプロセル」の上場に沸く大証ジャスダック市場を横目に、11日に東証マザーズに上場したばかりの「ペプチドリーム」をはじめ、「ナノキャリア」や「メディネット」などのバイオ銘柄が軒並みストップ安となった。

   「ペプチドリーム」は上場2日目に2500円の公開価格に対し、3.2倍にあたる7900円の初値を付けた東大発のバイオベンチャー。時価総額でみると、株式公開時の322億円が、じつに1018億円にも膨らんだことになる。株価は、その後に1万3700円まで上昇したが、26日には前日比3000円安の7740円で引けた。

   急落の理由は、ファイザー製薬が同社との共同研究開発を解消したため。「ペプチドリームは国内外の製薬会社とアライアンスを組んでおり、ファイザー製薬が抜けたからといって、すぐさま同社のビジネスモデルが崩れるものではありません。それでも実体のない、期待だけで(株価が)伸びてきたわけですから、わずかなきっかけで急落もします」(前出の投資ファンドの関係者)という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中